cTrader

cTraderの画面構成について説明します

各パネルの役割を理解することで、取引に必要な情報をすぐに知ることができます。

このページでは「cTraderの画面構成」について説明します。

具体的には、

・チャート
・トレードウォッチ
・マーケットウォッチ
・メニューバー
・記号パネル

の5つに分けて説明します。

cTraderの画面構成

cTraderの画面を5つ構成に分けて説明していきます。(画像クリックで拡大できます)

❶チャート(為替レートの表示)
❷トレードウォッチ(資産情報や注文の表示)
❸マーケットウォッチ(通貨ペアの表示)
❹メニューバー(各リンクや口座切り替え)
❺記号パネル(通貨ペアの詳細情報)

の5つを順に説明します。

❶チャート(為替レートの表示)

各チャートには、チャート内オプションやクイックトレードなど、チャートだけでも、快適な取引環境を作ることができます。

1.チャート内オプション
2.クイックトレード、センチメント機能
3.ツールバー

の3つに分けて説明します。

1.チャート内オプション

機能・チャート内の拡大や縮小
・インジケーターの呼び出し
・通貨ペアや時間足の変更
・テンプレートやオブジェクト(水平線やフィボナッチ)の利用

チャート内オプションでは、上記のことが行えます。
詳しくは『チャート内オプション』で説明しています。

2.クイックトレード、センチメント機能

機能[クイックトレード]即座に注文できる機能です。
[センチメント機能]投資家の取引情報から売買の偏りを確認できます。

クイックトレードについては『cTraderのクイックトレード』で説明しています。

マウスカーソルをバーの上に合わせると割合が表示されます。
※表示されない場合、[チャート内を右クリック]→[チャート上に表示]→[マーケット・センチメント]で表示されます。

3.ツールバー

機能・水平線などのオブジェクト配置
・チャートの画像を記録する、チャート撮影機能
・価格に来たら知らせてくれるアラート機能

ツールバーには様々な機能が用意され、上記のことが行えます。
詳しくは『cTraderのツールバー』で説明しています。

❷トレードウォッチ(資産情報や注文の表示)

トレードウォッチは、資産情報や注文内容について管理ができるパネルです。

1.トレードウォッチタブ
2.資産情報

の2つに分けて説明します。

1.トレードウォッチタブ

各タブを選択することで、

機能・[ポジション]新規注文や注文内容変更等
・[注文]指値注文や逆指値注文などの変更等
・[履歴]過去取引の詳細情報を確認
・[アラート通知]アラート注文の変更等
・[取引]入出金履歴の確認
・[操作履歴]操作履歴の確認

の詳しい情報を確認することができます。
詳しくは『cTraderのトレードウォッチ』で説明しています。

2.資産情報

資産情報を確認できます。

各項目の説明[口座残益]口座にある証拠金を表示します。
[エクイティ]有効証拠金を表示します。
必要証拠金]取引に必要な証拠金額を表示します。
[無料マージン]有効証拠金から必要証拠金を引いた証拠金を表示します。
[マージンレベル]有効比率を指し、有効証拠金を必要証拠金で割ったものを表示します。
[スマート・ストップ・アウト]ロスカットされる割合(%)を表示します。[マージンレベル]が[スマート・ストップ・アウトの割合(%)]を下回ると、ポジションが決済されます。
[評価損益(手数料あり/なし)]利益や損益を表示します。

❸マーケットウォッチ(通貨ペアの表示)

画像左側にある各タブでモード切替ができます。ここでは「Trade」についての説明をします。

マーケットウォッチのパネルでは、「通貨ペアのお気に入り登録」や「ファインダーを活用で、目当ての通貨ペアを探す」といったことができます。

1.上記アイコン
2.マーケットウォッチ
3.その他、設定

の3つに分けて説明します。

1.上記アイコン

 

フルスクリーン表示

フルスクリーン表示に切り替えます。

カラーテーマ変更

カラーテーマを変更します。


サウンド切り替え

サウンドのオン/オフができます。

言語切り替え

言語切り替えができます。

2.マーケットウォッチ

マーケットウォッチでは、通貨ペアのお気に入り登録などができます。
詳しくは『cTraderで通貨ペアやチャートをお気に入り登録する方法』で説明しています。

3.その他、設定

各項目の説明[パートナー・センター]パートナーセンターは、各FX会社のパートナー(IB)となる案内が表示されます。取引には関係のない内容です。
[設定]各項目を設定することができます。

設定については『cTrader使い方まとめ』で説明しています。

❹メニューバー(各リンクや口座切り替え)

cTrader上部に位置するメニューバーには様々な機能があります。

1.左上部のメニュー
2.右上部のメニュー

の2つに分けて説明します。

1.左上部のメニュー

各項目の説明[cTrader]各FX会社のデモ口座、リアル口座の開設が行えます。
[関連リンク]cTraderに関係のあるリンクがあり、クリックするとウェブサイトが表示されます。
[ヘルプ]cTraderのガイドや各FX会社の連絡先などが確認できます。
2.右上部のメニュー

各項目の説明[新規注文]新規注文ウィンドウが表示されます。
[レイアウトの切替]レイアウトの切り替えができます。
[ワークスペースの保存]チャートなどの情報をワークスペースとして保存できます。
[アカウントバーでの口座切替]即座に口座切り替えができます。

ワークスペースについては『cTraderで通貨ペアやチャートをお気に入り登録する方法』で説明しています。
アカウントバーについては『cTraderのアカウントバーの説明』で説明しています。

❺記号パネル(通貨ペアの詳細情報)

記号パネルには通貨ペアの情報を詳しく見ることができます。

1.注文タブ
2.DoMタブ

の2つに分けて説明します。

1.注文タブ

記号パネルの注文タブでは、「市場センチメント」「市場時間」「市場詳細」「反転レート」「取引統計」「レバレッジ」が確認できます。また、注文タブという名前通りに、記号パネルから素早く注文することができます。

2.DoMタブ

各項目の説明[標準 DoM]特定の通貨ペアに対して各価格の流動性を確認することができます。
[価格 DoM]標準DoMよりも細かな情報を表示します。
[VWAP DoM]設定された取引量で実行される価格を表示します。

詳しくは『cTraderで板情報を使う方法』で説明しています。

関連記事一覧