Axiory

Axioryを選ぶ理由

cTraderがいかに優れた取引プラットフォームかは、こちらの記事でご紹介しました。


cTraderを採用しており、日本語ページがある主なFX会社はAxiory,TradeView,FxProの三社です。
この三社のうち、Axioryをパートナーに選んだ理由を説明します。

サポートの質

サポートの質というのは、信頼できるFX会社を見つける上で重要な要素です。
特に海外にあるFX会社を利用する場合は、より一層注意を払う必要があります。

上記三社のサポート状況を実際に確認しました。

Axioryのサポート

公式サイトの右下に即時返答が返ってくるライブチャットが設置されています。
さすがに24時間ライブチャットが利用できる訳ではありませんが、メールでのお問い合わせも受け付けています。
パートナー契約にあたりかなりの頻度で利用させて頂きましたが、半日以上待たされた事がありません。

TradeViewのサポート

Axioryと違いライブチャットはありません。
肝心の口座のスペック等についてすら情報がほとんど公式サイトに掲載されていません。
その為、こちらからお問い合わせをしてみたところ、数日後になってようやく返ってきました。

ちなみにライブアカウントの作成まで行いました。
一週間にも及ぶメールのやり取りの末、やっとの思いでcTraderIDに口座が紐づけられたのをcTrader上で確認。
肝心の入出金等を行う為のサイト上のログイン情報が送られてくるのを待ち続けて、現時点(2019/05/27)ではや二カ月が経過しました。

これはレアケースだと思いたいですが、ログイン情報という非常に大切な情報の伝達すらままならないFX会社は信用できません。

この一件で不信感を覚え、TradeViewを個人的に利用するのは止めておく事にしました。

FxProのサポート

過去はそうでなかったようですが、現在はそもそも日本語での問い合わせを受け付けていないようです。
日本語のページがあるのだからもちろん日本語でのやりとりができるものだと思ってライブアカウントを作成しましたが、身分証明証の提示すらできずじまいです。

日本語でのやりとりができない時点で、FxProは万人向けのFX会社とは言えないため、候補から外しました。

口座の性能を比較

TradeViewのサポートの質は良いとは言えません。
しかし、TradeViewの口座の性能は高く、Axioryと比較する価値があります。

AxioryのcTrader口座ではSTP方式ECN方式の二つがあります。
TradeViewの提供している口座はECN方式の為、ECN方式のAxioryの口座と比較しています。

 AxioryTradeView
最低入金額20,000円100,000円
最大レバレッジ400倍200倍※
平均EUR/USDスプレッド0.1~0.3Pips0.1~0.3Pips
取引手数料1ロット当たり6$1ロット当たり5$
ロスカット水準証拠金維持率20%以下証拠金維持率100%以下
最小取引ロット数0.01ロット0.01ロット
最大取引ロット数1,000ロット200ロット

※口座開設時は200倍に設定されており、申請すれば最大400倍に変更できます。

上級者向けのTradeView

主要通貨のスプレッド差もほとんどなく、手数料は1$もTradeViewの方が安いです。
単純な口座の性能差で言えば、TradeViewが優れていると言えるでしょう。

ただし、TradeViewを使うべきトレーダーは上級者に限られます。

ロスカット水準と最低入金額がネック

証拠金維持率が100%以下でロスカットとなる訳ですから、レバレッジを使った無理なトレードはできません。
最低入金額も10万円からと敷居は高いです。

サポートを当てにできない

日本語に対応していますが、レスポンスは遅いです。
先述の通り質も良いと言えるものではありません。

ライブとデモで取引条件が全く違う

TradeViewでは、デモアカウントとライブアカウントの取引条件が全く違います。

そもそもデモとライブでは接続するサーバーも変わり、スプレッドや配信レート等、ライブのものを完全に再現できる訳ではありません。
しかし、ライブでは手数料があるにも関わらず、デモでは全くないというケースはほとんどないでしょう。
それ以外にも、スワップ、取引可能ロット数等が違います。

これではデモアカウントを利用する意味がまるでありません。

デモアカウントのユーロドル
ライブアカウントのユーロドル

初心者お断り

TradeViewは意図的に敷居を高くしていると考えられ、初心者に優しいFX会社とは言えません。

トレードの経験が十分にある上で資金も潤沢にあり、無理なレバレッジを掛けずにトレードのできる上級者向けのFX会社です。

対抗するAxiory

それに対し、Axioryはどんなトレーダーも満足のサービスを提供しています。
まず、公式サイトの充実度合いがTradeViewとは大違いです。

デモアカウントとライブアカウントの取引条件に差もありません。
サポートは迅速かつ的確、ライブチャットまで用意しています。

透明性のアピール

透明性を重視しているAxioryは、取引にまつわるさまざまな情報を公開しています。

注文約定実績の公開

こちらのページでは約定にかかった時間、スリッページ率等を公開しています。

スプレッドの公開

こちらのページではリアルタイムでスプレッドを公開しています。

リクイディティプロバイダーの公開

こちらのSTP方式とECN方式の違いについてを説明しているページでは、リクイディティプロバイダーを公開しています。

高速約定を実現する国内データセンタ

約定率99.98%の自負を裏付ける証拠として、Axioryの採用しているデータセンタが上げられます。
海外のFX会社にも関わらず、東京にあるデータセンタを利用しており、この約定率の高さにも納得できます。

cTrader上からも確かに東京のデータセンタに接続している事が確認できます。

スキャルピングは、どれだけ早く狙ったタイミングで約定できるかというのが大事です。
Axioryでは十分な精度でのトレードができます。

国内銀行送金に対応

さまざまな入金方法を用意しているAxioryですが、その中でも国内銀行送金は非常に便利です。
通常の銀行振り込みですから、かかる手数料は振り込み手数料のみ。
※20,000円以下の入金時はAxioryより1,500円の手数料を徴収されるので注意
10時頃に入金をすると、お昼前にはもう反映されています。

JumioとCurfexの登録が面倒

トレードを実際に開始する前にJumioというものに登録しなくてはなりません。
難しいものではありませんが、ライブアカウントの作成後にさらに一手間かかります。

一方Curfexの登録は必須ではありません。
国内銀行送金を利用したい場合にのみ登録の必要があります。

Jumioについて

Jumioとは、Axioryが導入しているID認証システムです。
手順はこちらをご参照下さい。

登録にかかる時間は5分以下ですが、自分自身を含めて身分証明書を撮影しなおさなくてはなりません。

Curfexについて

Curfexとは、bitwalletのような資金移動業者です。
国内銀行送金で入金したいユーザーとAxioryの架け橋となる存在です。

登録にはマイナンバーカード、もしくはマイナンバー通知書を提示する必要があります。
加えて、Jumioと同じように自分自身を含めた身分証明書の撮影も要求されます。

手間のかかる作業ですが、手数料が一番安い入金方法の為、国内銀行送金の利用を強くおすすめします。

Axioryをパートナーに選んだ理由

Axioryのパートナーになろうと思った最後のきっかけは、こちらのサイトです。

2019年2月11日、Axioryのユーザーのみでなく、bitwalletから全bitwalletユーザーへ向けてこんな内容のメールが届きました。

お客様各位
【注意喚起】AxioryGlobal社との契約解除について
日頃より、bitwalletをご利用いただき、誠にありがとうございます。
このたび、当社は、2019年2月28日 24:00(シンガポール時間)を以て、Axiory Global社(Belize)への、決済及びウォレットの提供を全面的に中止いたします。
同社は、2018年12月、これまでのメインバンクであったSparkasseから銀行取引停止処分を受けたことを確認しており、2019年2月現在、お客様への返金手段は非常に限られていると見受けられます。
当社(bitwallet)をご利用になりAxiory社へ入金したお客様は、お客自身の資産保全のため、早急にお引き出しいただく事を強くおすすめいたします。
ご利用中のお客様には大変ご迷惑をお掛けいたしますが、早期の対応を重ねてお願いいたします。
AxioryGlobal社との契約解除に関するご質問等は、サポートデスクまでお問合せください。

これは事実無根の言いがかりであり、Axioryが公式に説明しています。

しかし、この非常に悪意のある内容のメールにより、多くの出金依頼が寄せられたようです。
もちろん銀行取引停止処分など受けておらず通常通りの営業を行っていたAxioryは、その数に圧倒されながらも全ての出金依頼を滞りなく受理しました。

その上でイメージの改善を狙い、リニューアルに打って出たという訳です。

2014年頃から運営をはじめ、もう5年が経過していますが、ユーザー第一というポリシーは今でもブレていません。

顧客を満足させる事により収益を上げていくというその姿勢に共感を覚え、ForextechはAxioryのパートナーとなりました。

ForextechはAxioryとは別の方向からトレーダーをサポートします。

Axioryはより良い取引環境を整えます。
Forextechはトレードの助けになるツールを無償で提供します。

提供するツールの内容については、上部メニューのTECHをご覧下さい。

関連記事一覧